トップページインフォメーション > チョ・インソン、新ドラマ『ムービング』で初OTT作品に挑戦!
ID PW

Infomation

インフォメーション[一覧へ戻る]

チョ・インソン、新ドラマ『ムービング』で初OTT作品に挑戦!

2021-10-15


zis-211015-1.jpg


[韓国エンタメニュース]


俳優チョ・インソンがDisney+オリジナル『ムービング』で初のOTT作品をすることになったと、期待を表した。


Disney+は14日、コリアメディアデーAPACコンテンツショーケースを開催し、韓国でサービス予定のコンテンツを紹介した。


この日のイベントでは韓国で制作されるドラマ、バラエティのラインナップを初公開し、主要ドラマの出演者たちが出席して作品を紹介した。『ムービング』のパク・インジェ監督とカン・プル原作作家、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、チョ・インソンが出席し、作品に臨む覚悟を明かした。


『ムービング』は、作家カン・プルの同名人気ウェブ漫画を原作とした作品で、先天的な超能力を持つ家族が時代と世代を越えて巨大な敵に立ち向かう韓国型アクションファンタジーヒーロードラマだ。原作者カン・プルが直接脚本を手掛け、演出は『キングダム』シーズン2のパク・インジェ監督が務める。リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、チョ・インソンが出演する。


パク・インジェ監督は「一種の年代記です。特別な人々との愛、人間に関する物語、アクションドラマでもありますが温かい物語が盛り込まれています」と作品を説明した。


台本作業にも参加した原作作家カン・プルは「漫画で表現し切れなかった部分が多かったので、ドラマでは全体的に付け加えていきました。より面白く書きました」と伝えた。


この日リュ・スンリョンは、原作とのシンクロ率を尋ねると「どれだけ殴られても傷が再生して体を育てています。ウェブ漫画のように僕が坊主にした写真を監督に見せたのですが満足していらっしゃいました」と語った。また「チョ・インソンが演じるキャラクターがカリスマもあり、純朴でシンクロ率が高いです」と伝えた。


チョ・インソンは「(僕は)まだ撮影が始まっていません。台本を読みながら同じように、僕だけが持っている色をどのようにうまく着せればいいのか悩んでいます。僕は個人的にハン・ヒョジュさんがどのように描かれるのか楽しみです」と語った。


ハン・ヒョジュは「一生懸命頑張ります」と微笑みながら、「一生懸命撮影をしていますが、私の息子として出演する子のシンクロ率が高いです。その役のために30kg太ったと言っていました。すでに撮影前からやりこなし、感心しています。リュ・スンリョン、チョ・インソンのキャラクターも実際は仲良しという設定で出てくるのですが、言い合いが楽しみです」と語った。


チョ・インソンは「OTT作品は初めてなので期待しています。一生懸命撮影して、しっかり仕上げたいと思います。楽しく出来るように頑張ります」と伝えた。



zis-211015-2.jpg


この日Disney+は、『君と僕の警察授業』(カン・ダニエル、チェ・スビン)、『グリッド』(ソ・ガンジュン、イ・シヨン)、『キス・シックスセンス』(ユン・ゲサン、ソ・ジヘ、キム・ジソク)、『ムービング』(リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、チョ・インソン)などオリジナルコンテンツラインナップを公開した。


一方Disney+は、11月12日に韓国でサービスを開始する。



写真提供:Disney+



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI