トップページインフォメーション > チョ・インソン、5億ウォン寄付...タンザニアに学校建設
ID PW

Infomation

インフォメーション[一覧へ戻る]

チョ・インソン、5億ウォン寄付...タンザニアに学校建設

2021-07-28


zis-210728-1.jpg


[韓国エンタメニュース]


俳優チョ・インソンの善行が本人の誕生日である本日28日、一歩遅れて明らかになった。本日(28日)ミルアル福祉財団は、俳優チョ・インソンの後援金5億ウォンで2018年タンザニアに学校を完成させ、財団が運営中だと明らかにした。


チョ・インソンの寄付で設立された"シンギダニュービジョンスクール"は、タンザニア中部シンギダ州に位置し、幼稚部3学級と初等部5学級で計351人の学生が教育を受けている。


シンギダはタンザニアの中でも屈指の貧困地域で、電気さえ使用することが難しいほど劣悪な地域だ。社会インフラ施設がほとんどなく、学校の数も不足しており、大半の児童は幼い時から労働現場で働くのが日常だった。


そのため、ミルアル福祉財団は該当地域に学校を建設し、児童の基本権を保証しようとしたが、少なからぬ費用に苦心していた。その時チョ・インソンが救いの手を差し伸べた。偶然知人を通じてこの話を聞いたチョ・インソンが学校建設に役立ちたいという意思を伝えたのだ。


ミルアル福祉財団はチョ・インソンの寄付金で該当地域に"シンギダニュービジョンスクール"を建設することにし、2016年に着工した。約2年間の工事の末、2018年に完工し、9つの教室や講堂、調理室、職員室、行政室とプロジェクトルームまで建設された。劣悪な労働現場に追い込まれていた子供たちが学校に通えるようになったのだ。学校は教育以外にも給食やおやつなどを提供しており、"スポーツデイ"など様々なプログラムを実施して子供たちの成長を助けている。


チョ・インソンは2019年に"シンギダニュービジョンスクール"を直接訪問し、学生たちと共に"テルミナリア"の木の苗木を運動場に植えた。苗木を植えたことについて「テルミナリアは横に大きく成長し、大きな影を作る木だと聞いた。子供たちにとって涼しい憩いの場になってほしい」と伝えたという。


ミルアル福祉財団関係者は「学校ではなく労働現場に追い込まれていた子供たちが本来いるべき場所に戻ってきて、それぞれ輝く夢を描いている」とし「学校建設を越えて子供たちと地域住民に希望と未来を与えてくれたチョ・インソンさんに深く感謝する」と伝えた


一方チョ・インソンが出演する映画『モガディシュ』は、韓国にて本日(28日)公開される。




写真提供:ミルアル福祉財団



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI