トップページインフォメーション > チョ・インソン出演『見習い社長の営業日誌』、最高視聴率で放送終了!
ID PW

Infomation

インフォメーション[一覧へ戻る]

チョ・インソン出演『見習い社長の営業日誌』、最高視聴率で放送終了!

2021-05-07


zis-210507.jpg


[韓国エンタメニュース]


俳優チョ・インソンが成功的に最後の営業を終え、番組も最高視聴率を記録した。


韓国にて去る6日に放送されたtvN『見習い社長の営業日誌』最終話では、チョ・インソンが田舎のスーパーでの営業を終える姿が描かれた。


チョ・インソンは10日目の営業も朝早くに起床し、ランチ営業に必要な材料を用意しながら最後まで変わらない誠実な姿を誇った。これまで住民たちに対する感謝の気持ちを込め、小さなお礼にサインを準備して和やかさも与えた。


最後の営業であるだけにこの日は主に常連客がスーパーを訪れた。チョ・インソンはスーパーを訪れた客一人一人との出会いを思い出し、いつの間にか住民たちと情が深まったことを誇った。それだけでなく彼は最後まで温かい思いやりを惜しまなかった。


そして最後の客として訪れたのは、田舎スーパーの本物の社長だった。本物の社長だと気付いたチョ・インソンは「遅くまで大変でしょう?」という質問に泣きそうになり、静かに店を出て涙を拭い、視聴者の涙腺を刺激した。またチョ・インソンはスーパーの社長に初めて会ったにもかかわらず深い絆を感じる会話を続けるのはもちろん、社長に「僕らを一度抱きしめてください」と言い見る者に感動を与えたりもした。


チョ・インソンは初のレギュラーバラエティ番組『見習い社長の営業日誌』を成功的に終え、これまで見られなかった"人間チョ・インソン"の隠された魅力を披露した。センスのあるコメントとユーモア感覚で笑いを伝えたのはもちろん、温かい人柄と思いやりのある行動、しっかりと自分の仕事をこなす責任感と誠実さなど気さくで人間的な姿で感動を与え、"チョ・インソンの再発見"という好評を得ている。



YouTube:

別れが名残惜しいテヒョン&インソン社長らと原川里住民たちの最後 EP.11



写真提供:tvN



韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI