トップページインフォメーション > 「ザ・キング」観客数200万突破、チョ・インソンが愛嬌溢れる写真を公開
ID PW

Infomation

インフォメーション[一覧へ戻る]

「ザ・キング」観客数200万突破、チョ・インソンが愛嬌溢れる写真を公開

2017-01-25

 
チョ・インソン,


[韓国エンタメニュース]


映画「ザ・キング」(監督ハン・ジェリム)が公開6日目で観客数200万を突破した。これにより、2017年大韓民国初の興行キングであることを改めて立証した。映画振興委員会統合電算網によると、「ザ・キング」が23日午後9時時点で観客数200万突破を記録した。「ザ・キング」の観客数200万突破の速度は歴代興行2位の「国際市場」と「王になった男」よりも早い興行スピードだ。
 
観客数200万を軽く突破した「ザ・キング」の興行パターンには興味深い点がある。大韓民国の近現代史を網羅する「国際市場」と、激動の朝鮮時代の王・光海を新たに再解釈した「王になった男」と同様に「ザ・キング」もまた社会的なイシューとなり、あらゆる世代での前売り分布を見せている。
 
また、「ザ・キング」は年末年始の興行シンドロームを起こした「弁護人」、「インサイダーズ/内部者たち」以上に高い観客満足度を誇っており、それがまた素早い口コミとなって今後の大ヒットを期待させる。2017年の作品性と興行性の二兎をつかんだ「ザ・キング」はまさに興行キング、それ以上の大韓民国イシューキングとして位置づけられるものと予想される。


チョン・ウソン,


ペ・ソンウ,


リュ・ジュンヨル,


ハン・ジェリム監督,
 
 
歴代1月公開の韓国映画最高のオープニング及び興行記録を更新している興行キング「ザ・キング」は、公開2週目の前売り率でも同日に公開された作品「共助」を引き離して前売り率1位を維持、事前の予約率も公開週より更に高い数値を記録しており、旧正月連休の興行レースの行方を予告している。
 
 
写真提供:NEW